創ることは心を旅すること。吉祥寺にあるレンタルスペース。 アートギャラリー絵の具箱のサイト

アートギャラリー絵の具箱

日記

かとうかずみ展2017いろのおと

更新日:

アーティストのかとうかずみさんの個展をアートギャラリー絵の具箱で開催します。


かとうかずみ展

いろのおと

会期 2017年10月10日(火)〜10月22日(日)
※10月16日(月)休廊日

OPEN 13:00〜19:00(最終日17:00)
入場 無料

場所 アートギャラリー絵の具箱

 

 

 

■ title
アートギャラリー絵の具箱2017年10月の展示
会期 2017年10月10日(火)〜10月22日(日)
※10月16日(月)休廊日
入場無料
場所:アートギャラリー絵の具箱
■ Profile

かとうかずみ

京都に生まれる
愛知県立芸術大学大学院美術学部卒業
HP

連絡先

mail:info@enogubako.in

■ works 2016年の個展風景
私は旅行好きです。
異国で旅行をしながら日常の小さな物に注目しそれを使って、郵便はがきに乗せて作品を作っていました。
たとえばロンドンのテイト美術館です。トイレットペーパーが薄くてパリパリした紙でした。これを小さく切り端をかさね貼り をし中にコーヒーショップの砂糖をくるんである赤い紙を貼りました。テイトのマーク入りです。その日のテイト美術館に行った作品です。
地下鉄の切符や領収書、ジュースのコースター、フリーペーパー等わざわざ手に入れるのでなく旅行中に現れる小さなもので す。それらを郵便はがきに貼ったり描いたりして旅行先のポストから自宅へ送りました。15年間くらいで1000枚以上送りました。私の表現は旅行先からのはがきだけでなく 版画、彫刻、絵画、ドローイングと多岐にわたります。
彫刻はロウ鋳造のブロンズが好きです。ロウをゆっくり手の温度でほぐしながら素材と形が私の身体と共鳴するとき作品が生ま れます。ロウの持つ甘さとやさしさをのこしたままブロンズという力強い形態に変身します。
今 年は電材のエフケーブルという電線を使っています。彫刻の重いイメージでなく軽くフワッとしています。組み合わせ方によっては軽くバウン ドさせたりずれた りして小さく動きます。軽いので転がしたり、引っ掛けたりすることもできます。置いたらじっとそのままというのでなく動かせたり揺れたり する自在感が気に 入っています。ド ローイングは「うごき」をテーマにしています。音や言葉、不安や静寂がひそかに動く空気、私の感ずる世界に明るい色の線や形がゆっくりとうごく感じを、目と手を通して現したいと思います。 

adsenseHP

adsenseHP

アートギャラリー絵の具箱とは

〜創ることは心を旅すること〜
大人になったあなたの表現する事への見果てぬ夢を 「アートギャラリー絵の具箱」で是非実現してください。
初めて展示をする方用に、絵の具箱では「展示サポートプラン」もあります。
備品についてはこちらのページをご覧ください。
申込書ダウンロード↓
アートギャラリー絵の具箱
所在地:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-24-6 吉祥寺グリーンハイツ205
HP:http://www.enogubako.in/
各種問い合わせ先
・mail : info@enogubako.in
・TEL: 0422-20-2602(電話のみ午前9時〜午後7時まで)
・FAX: 0422-26-7163
・Twitter @enogubakostore
・FBpage
・LINE@ https://line.me/ti/p/%40yab8198o
LINE@は、1:1トーク(友だち追加してくれた方と通常のLINEのように1:1でトークをすることができる機能)にも対応しております。(10時〜20時まで)
※1:1トークの会話は、他に登録されている方には公開されないプライベート会話となっておりますので、ご安心下さい。
担当スタッフについて料金について

-日記

Copyright© アートギャラリー絵の具箱 , 2017 AllRights Reserved.