創ることは心を旅すること。吉祥寺にあるレンタルスペース。 アートギャラリー絵の具箱のサイト

アートギャラリー絵の具箱

日記

ギャラリーストーカー問題

更新日:

昨今、アーティストに付きまとう「アーティストストーカー(ギャラリーストーカー)」が問題になっております。
もし個人情報を聞かれそうになったら、「ギャラリーを通してお願いします。」と断って下さい。

アーティストストーカー対応策

アーティストストーカーの特徴

コレクターの様に装い、作家さんの個人情報を聞きだそうとしてくる

距離感が無い接し方をしてくる

 

対応に困ったらこの一言

「画廊を通じてお願いします」の一言で結構です。

 

個人情報が記載されているものは展示場には置かない

個人情報が掲載されてあるものは置かないで下さい。名刺を起きたい場合は、住所が記載されていないものでお願いします。
たまに住所、電話番号、携帯のメールアドレスを載せている方もいますが、赤の他人に渡すのは危険です。

【悪い例】

・個人情報が全て記載されている名刺(住所、名前、アドレス、電話番号など)を置いてしまう。

【対策としては】

名刺を2種類使い分ける。
・一つは仕事用(名前とPCアドレスくらい)
・もう一つはプライベート用。

 

注意する人の見極め方

  • 「次は何処でやるの?」
  • 「一緒に写真撮らせて」
  • 「Facebookで友達申請して良い?」
  • 「携帯のメールアドレス教えて」等と言ってくる方には注意です。

コレクターとの違いは?

「どんな作家の作品をコレクションしているのですか?」と聞き,答えられる方。 
作品のコンセプトの話や制作についてのの話に理解できる方ならば安心です。

 

HPやSNS伝いに誘いがあったら?

興味のない人には即お断りのメールで返事をして下さい。

断る際のコツは【丁寧な口調で断ること】です。丁寧な口調で断ることは、相手との距離感があることを伝えることができます。というように、相手に恋心を燃やす暇を与えないことを意識して、常にガードを高くして接して下さい。

断る際に、本当の理由を伝えるのは逆効果なのでダメです。例:生理的に受け付けないからお断りします など

 

関連リンク

ギャラリー、ライブハウス、カフェの困ったオジサン

女性作家につきまとうギャラリーストーカーの問題

adsenseHP

adsenseHP

アートギャラリー絵の具箱とは

〜創ることは心を旅すること〜
大人になったあなたの表現する事への見果てぬ夢を 「アートギャラリー絵の具箱」で是非実現してください。
初めて展示をする方用に、絵の具箱では「展示サポートプラン」もあります。
アートギャラリー絵の具箱
所在地:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-24-6 吉祥寺グリーンハイツ205
HP:http://www.enogubako.in/
各種問い合わせ先
・mail : info@enogubako.in
・TEL: 0422-20-2602(電話のみ午前9時〜午後7時まで)
・FAX: 0422-26-7163
・Twitter @enogubakostore
・FBpage
・LINE@ https://line.me/ti/p/%40yab8198o
LINE@は、1:1トーク(友だち追加してくれた方と通常のLINEのように1:1でトークをすることができる機能)にも対応しております。(10時〜20時まで)
※1:1トークの会話は、他に登録されている方には公開されないプライベート会話となっておりますので、ご安心下さい。
担当スタッフについて料金について

-日記

Copyright© アートギャラリー絵の具箱 , 2017 AllRights Reserved.