創ることは心を旅すること。吉祥寺にあるレンタルスペース。 アートギャラリー絵の具箱のサイト

アートギャラリー絵の具箱

日記

企画展 稲憲一郎展2017

投稿日:

アーティスト稲憲一郎さんの企画展を絵の具箱で開催します。

2017年11月7日(火)〜11月12日(日)

時間12:00〜18:00

アートギャラリー絵の具箱

 

作家プロフィール

稲 憲一郎 Kenichiro Ina
1947 東京都練馬区に生まれる
1972 東京造形大学美術学部絵画科卒業

BIOGRAPHY

個展 (1972年以降、選)
1972 以降、サトウ画廊・コバヤシ画廊・ときわ画廊・ギャラリー檜・ギャラリー現等多数
1990 さまざまな眼-25 かわさきIBM市民文化ギャラリー/川崎
1994 「根底への問い」 1970年代の美術 村松画廊/東京
2008 ギャラリー檜/東京(以降、10、11、12、14、16)
2016 -紙の上で-  ギャラリー・ドード―/府中
2017 ギャラリー絵の具箱/東京

グループ展(1970年以降、選)
1969-70 「精神生理学研究所」 毎月1回郵送による(6回)
1970 Summer Exhibition Art & Project/アムステルダム
1971 「言葉とイメージ」展 ピナール画廊/東京
1973 「実務と実施十二人展」ピナール画廊/東京
京都ビエンナーレ  京都市美術館/京都
1975 AFEIR & PRACTICE 現代文化センター/東京
1988 「彩発」 ギャラリー檜・「欲望の海をわたる絵画」 川崎市民ギャラリー他
1991 「線の表現」眼と手のゆくえ  埼玉県立近代美術館/埼玉
1993 「再制作と引用」 板橋区立美術館/東京
1998 NEW VISION SAITAMA 《消えてゆくもの満ちてくるもの》埼玉県立近代美術館
distance no.19 橘田尚之×稲憲一郎 ギャラリー檜/東京
2000 distance no.20 北村周一×稲憲一郎 ギャラリー檜/東京
2007 Exhibition De collective Van Eelen – Weeber クレラ・ミューラ美術館/オランダ
ART ANTI-ART NON-ART Getty Research Institute Exhibition Gallery
2008 絵画+写真「絵画に見るもの、絵画からみえてくるもの」練馬区立美術館+ギャラリー檜
2009 1969-1970精神生理学研究所(アーカイブズ)ギャラリー檜/東京
In & Out of Amsterdam Travels in conceptual Art 1960-1976 MoMA/ニューヨーク2010
カテゴリア ~視像のゆくえ~  ギャラリー檜/東京
SO+ZO展「未来をひらく造形の過去と現在1960s→」 桑沢デザイン研究所/東京
2013 dialogue vol.Ⅰ 高橋圀夫×稲憲一郎  ギャラリー檜plus/東京
2014 dialogue vol.Ⅱ 北村周一×稲憲一郎  ギャラリー檜plus/東京
「サイトと野性」展  ギャラリー湯山/新潟・十日町
美術と印刷物 1960-70年代を中心に  国立近代美術館/東京
2015 dialogue vol.Ⅲ さとう陽子×稲憲一郎  ギャラリー檜plus/東京
2016 dialogue vol.Ⅳ 石村 実×稲憲一郎   ギャラリー檜e・F/東京
2017 dialogue vol.Ⅴ 橘田尚之×稲憲一郎   ギャラリー檜e・F/東京

adsenseHP

adsenseHP

アートギャラリー絵の具箱とは

〜創ることは心を旅すること〜
大人になったあなたの表現する事への見果てぬ夢を 「アートギャラリー絵の具箱」で是非実現してください。
初めて展示をする方用に、絵の具箱では「展示サポートプラン」もあります。
備品についてはこちらのページをご覧ください。
アートギャラリー絵の具箱
所在地:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-24-6 吉祥寺グリーンハイツ205
HP:http://www.enogubako.in/
各種問い合わせ先
・mail : info@enogubako.in
・TEL: 0422-20-2602(電話のみ午前9時〜午後7時まで)
・FAX: 0422-26-7163
・Twitter @enogubakostore
・FBpage
・LINE@ https://line.me/ti/p/%40yab8198o
LINE@は、1:1トーク(友だち追加してくれた方と通常のLINEのように1:1でトークをすることができる機能)にも対応しております。(10時〜20時まで)
※1:1トークの会話は、他に登録されている方には公開されないプライベート会話となっておりますので、ご安心下さい。
担当スタッフについて料金について

-日記

Copyright© アートギャラリー絵の具箱 , 2017 AllRights Reserved.