日記

光のこども

投稿日:

Littele moreで見られる小林エリカさんの漫画「光のこども」

光のこども

マンガ「光の子ども」について 
フランスパリの物理学者アンリ・ベクレルが1896年に放射線を発見してから115年、私たちは2011年という年を迎えた。
目に見えない“光”の存在……放射線。
それはいったいどうやって見いだされ、どんな道のりを辿って、私たちのところへやってきたのか。
「光の子ども」では、2011年の日本に生まれた子ども、主人公“光”を通じ、その目に見えないものたちの歴史、存在が描かれていく。

1998年に映像作品『爆弾娘の憂鬱 恋の放射能』でデビューし、以来、小説、マンガ、イラストと、ジャンルをしなやかに越境しながら、ドキュメンタリー色の濃い、切実でセンシティブな作品を発表しつづけてきた小林エリカ。
2012年5月にはヴォーカリストのPhewと“ラジウム・ガールズ”に捧げるユニット「project UNDARK」として、アルバム『Radium Girls 2011』をリリース。楽曲提供はCLUSTERのMOEBIUS 。
“ラジウム・ガールズ”とは、1917年ニュージャージー州の米国ラジウム工場で、時計の文字盤に発光ペイントをし被曝した女性工場労働者たちのこと。
「光の子ども」は、小林エリカがいま、もっとも関心があるというテーマ「放射能」を、真正面から取り上げた新作マンガ。

KOBAYASHI Erika

adsenseHP

adsenseHP

アートギャラリー絵の具箱とは

〜創ることは心を旅すること〜
大人になったあなたの表現する事への見果てぬ夢を 「アートギャラリー絵の具箱」で是非実現してください。
初めて展示をする方用に、絵の具箱では「展示サポートプラン」もあります。
備品についてはこちらのページをご覧ください。
申込書ダウンロード↓
アートギャラリー絵の具箱
所在地:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-24-6 吉祥寺グリーンハイツ205
HP:http://www.enogubako.in/
各種問い合わせ先
・mail : info@enogubako.in
・TEL: 0422-20-2602(電話のみ午前9時〜午後7時まで)
・FAX: 0422-26-7163
・Twitter @enogubakostore
・FBpage
・LINE@ https://line.me/ti/p/%40yab8198o
LINE@は、1:1トーク(友だち追加してくれた方と通常のLINEのように1:1でトークをすることができる機能)にも対応しております。(10時〜20時まで)
※1:1トークの会話は、他に登録されている方には公開されないプライベート会話となっておりますので、ご安心下さい。

担当スタッフについて

料金について

メルマガ登録 サクッと読める展示情報やアート情報を不定期で配信中です。

-日記

Copyright© アートギャラリー絵の具箱 , 2019 AllRights Reserved.