日記

不要な本は捨てる,売る以外にも活用法があります

更新日:

貯め込んでしまうものといえば、本と洋服。本の処理といえば廃品回収に出すか、bookoffで売るかという選択の方は多いはず。
所有している本を寄付出来る
そんな時に着払いで送ることができる、本を寄付出来るサイトの紹介です。

自分でやるのは、ダンボールに本を入れて梱包することのみ。

本を寄付できるサイト

ブックフォースマイル

寄付した本はすべて、児童養護施設を巣立つ子どもたちの自立支援に使われる。

本っとありがとうプロジェクト

自己肯定感の希薄さ、対人不安、社会経験の不足によって、生きづらさを抱えている女の子たちが、 自立の道を模索できるよう支援に使われる。

本を売る運営会社

両サイトとも、バリューブックスを通してNPO法人に寄付される。

本は何冊から可能?

共通しているのは、古本は5 冊から、着払いで受け付け可能。

買取不可の本

ISBN のない本、百科事典、コンビニコミック、個人出版の本、
マンガ雑誌、一般雑誌は取り扱い不可。

adsenseHP

adsenseHP

アートギャラリー絵の具箱とは

〜創ることは心を旅すること〜
大人になったあなたの表現する事への見果てぬ夢を 「アートギャラリー絵の具箱」で是非実現してください。
初めて展示をする方用に、絵の具箱では「展示サポートプラン」もあります。
備品についてはこちらのページをご覧ください。
申込書ダウンロード↓
アートギャラリー絵の具箱
所在地:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-24-6 吉祥寺グリーンハイツ205
HP:http://www.enogubako.in/
各種問い合わせ先
・mail : info@enogubako.in
・TEL: 0422-20-2602(電話のみ午前9時〜午後7時まで)
・FAX: 0422-26-7163
・Twitter @enogubakostore
・FBpage
・LINE@ https://line.me/ti/p/%40yab8198o
LINE@は、1:1トーク(友だち追加してくれた方と通常のLINEのように1:1でトークをすることができる機能)にも対応しております。(10時〜20時まで)
※1:1トークの会話は、他に登録されている方には公開されないプライベート会話となっておりますので、ご安心下さい。

担当スタッフについて

料金について

メルマガ登録 サクッと読める展示情報やアート情報を不定期で配信中です。

-日記

Copyright© アートギャラリー絵の具箱 , 2018 AllRights Reserved.