日記

藤子・F・不二雄ミュージアム

投稿日:

藤子・F・不二雄ミュージアムが3年後の2011年に川崎市に誕生するようです。

原画約5万点を随時展示。
スモールライトで小さくなった自分が体験できる体験施設「ビックリ・デスク・ホール」などもあるようです。

「藤子・F・不二雄ミュージアム」構想

ドラエモンはグッズ数がかなりあるので、併設するショップの商品数はすごい点数になることでしょう。
昔販売していた『ドラエホン』やファミコンゲームなど過去のグッズも一同に展示されていたら嬉しい。

 

adsenseHP

adsenseHP

アートギャラリー絵の具箱とは

〜創ることは心を旅すること〜
大人になったあなたの表現する事への見果てぬ夢を 「アートギャラリー絵の具箱」で是非実現してください。
初めて展示をする方用に、絵の具箱では「展示サポートプラン」もあります。
備品についてはこちらのページをご覧ください。
申込書ダウンロード↓
アートギャラリー絵の具箱
所在地:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-24-6 吉祥寺グリーンハイツ205
HP:http://www.enogubako.in/
各種問い合わせ先
・mail : info@enogubako.in
・TEL: 0422-20-2602(電話のみ午前9時〜午後7時まで)
・FAX: 0422-26-7163
・Twitter @enogubakostore
・FBpage
・LINE@ https://line.me/ti/p/%40yab8198o
LINE@は、1:1トーク(友だち追加してくれた方と通常のLINEのように1:1でトークをすることができる機能)にも対応しております。(10時〜20時まで)
※1:1トークの会話は、他に登録されている方には公開されないプライベート会話となっておりますので、ご安心下さい。

担当スタッフについて

料金について

メルマガ登録 サクッと読める展示情報やアート情報を不定期で配信中です。

-日記

Copyright© アートギャラリー絵の具箱 , 2018 AllRights Reserved.