Design-news デザイン技法

Photoshopの秘宝第二回優秀作品

投稿日:

Adobeのサイトで、Photoshopの秘宝第二回優秀作品が発表されています。

第2回 フォトグラフの秘宝

修復漏れ防止タッチ

Photoshopの修復機能はバージョンアップの度に進化してますが、それでもレタッチ漏れはPCモニタでは判別しづらいものです。上手に修復したつもりでも、印刷したとき、PCモニタ上では気付かなかった修復漏れを発見する場合があります。そんな修復漏れを防止するための秘法を紹介します。

レイヤー機能で自在なノイズ効果

ノイズフィルターでもっと細かい設定がしたい。ここでは、そんな声に応える秘法を紹介します。コツはノイズだけを別レイヤーとして扱うこと。それにより強さや色味を自由に調整できます。もちろん非可逆です。

簡単にインキ総量をチェック

雑誌広告基準カラーであるJMPAカラーでは、インキ総量が320%以内と規定されていて、基準値を超えると作成したPDFはチェックでエラーになります。事前に調べる必要がありますが、1ピクセルでも見逃すとエラーになり、オーバーした箇所を探すのは難しい問題がありました。
そこでこの秘法を使うと、オーバーした箇所がチャンネルになって表示されるので、簡単にインキ総量のチェックが行えます。

露光ムラを解消する簡易HDR処理

室内でストロボ撮影をしたときの極端な露光ムラや、野外撮影での意図しない輝度差は、せっかくの写真を台無しにしてしまいます。それが写真の広い範囲におよぶ場合は、覆い焼・焼き込みツールでも少々面倒なもの。そこで、この秘法は1枚の写真で疑似HDR処理をして、その問題を解消します。

mini bridgeで、効率よく写真を選別する秘宝

Photoshop CS5で登場したMini Bridge。ファイルブラウザとしては便利だけど、表示範囲が小さすぎて選別には向いてない?
そんなことはありません。Mini Bridgeのプレビュー機能を使うと、とても簡単にベストショットを選別することができます。

ブラシツールを使ったゴミ除去秘宝

Photoshopでのゴミ除去作業は「修復ブラシツール」や「コピースタンプツール」で行うのが一般的ですが、この秘法は「ブラシツール」を使った一風変わったゴミ除去方法です。直感的、かつ自由度の高いこの秘法を、各種修復ツールとケースバイケースで使い分ければ、より精度の高い修復が可能になるでしょう。

今回の秘宝もすごい!
使わせていただきます。

adsenseHP

adsenseHP

アートギャラリー絵の具箱とは

〜創ることは心を旅すること〜
大人になったあなたの表現する事への見果てぬ夢を 「アートギャラリー絵の具箱」で是非実現してください。
初めて展示をする方用に、絵の具箱では「展示サポートプラン」もあります。
備品についてはこちらのページをご覧ください。
申込書ダウンロード↓
アートギャラリー絵の具箱
所在地:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-24-6 吉祥寺グリーンハイツ205
HP:http://www.enogubako.in/
各種問い合わせ先
・mail : info@enogubako.in
・TEL: 0422-20-2602(電話のみ午前9時〜午後7時まで)
・FAX: 0422-26-7163
・Twitter @enogubakostore
・FBpage
・LINE@ https://line.me/ti/p/%40yab8198o
LINE@は、1:1トーク(友だち追加してくれた方と通常のLINEのように1:1でトークをすることができる機能)にも対応しております。(10時〜20時まで)
※1:1トークの会話は、他に登録されている方には公開されないプライベート会話となっておりますので、ご安心下さい。

担当スタッフについて

料金について

メルマガ登録 サクッと読める展示情報やアート情報を不定期で配信中です。

-Design-news, デザイン技法

Copyright© アートギャラリー絵の具箱 , 2018 AllRights Reserved.