ページデザイン

ページデザインについてその3

投稿日:

効果的な写真の見せ方、使い方

模倣して活かすという理屈はわかったけど、なかなかうまくいかない…

と思う人も多いでしょう。

その場合、やる事を決めていきましょう。

これと、これとこれをやればページが出来るという風に段階的に出来ていくことをイメージしてください。

まず
ビルボード画像(横800ピクセル×縦150ピクセルくらい)に、商品のカテゴリータイトルを入れる(大まかに言うと、ブランド名があればブランド名、なければ即乾Tシャツ!など解りやすい文言)

そして商品画像(500ピクセルくらい)これはなるべく物撮り写真に力を入れて、photoshopにそこまで頼らなくても良いようにしましょう。

その下に、その商品を使っている画像を4枚(250×250ピクセルくらい)

使っている画像というのは、食器だと仮定して、

・リビングに置いてある図。(使用感がイメージ出来る)
・実際に料理をもっている図。(使用感がイメージ出来る)
・重ねてある図。
・子供が使っている図。(ある程度の大きさが把握できる)
などです。

上記はあくまで一例なので、洋服ではまた違った見せ方があるでしょう。

・商品を着ている画像。(自分が着ているイメージが出来る)
・背面から撮った画像。(背面画像もイメージ出来る)
・プリント面の拡大画像。(こだわりが伝わる)
・ネームタグの拡大画像。(ディティールが伝わる)
などです。

これがあると無いとでは、購買意欲にかなりの差が出来ます。

そして最後に、あるならブランド名(ブランドロゴ、コンセプトを入れておきましょう。)

ページデザインは、説明しすぎてるくらいが丁度良いと考えてください。

adsenseHP

adsenseHP

アートギャラリー絵の具箱とは

〜創ることは心を旅すること〜
大人になったあなたの表現する事への見果てぬ夢を 「アートギャラリー絵の具箱」で是非実現してください。
初めて展示をする方用に、絵の具箱では「展示サポートプラン」もあります。
備品についてはこちらのページをご覧ください。
■カード決済(Square)、分割支払い(paypalのみ)、PAYPAY決済に対応しています。
申込書ダウンロード↓
アートギャラリー絵の具箱
所在地:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-24-6 吉祥寺グリーンハイツ205
HP:http://www.enogubako.in/
各種問い合わせ先
・mail : info@enogubako.in
・TEL: 0422-20-2602(電話のみ午前9時〜午後7時まで)
・FAX: 0422-26-7163
・Twitter @enogubakostore
・FBpage
・LINE@ https://line.me/ti/p/%40yab8198o
LINE@は、1:1トーク(友だち追加してくれた方と通常のLINEのように1:1でトークをすることができる機能)にも対応しております。(10時〜20時まで)
※1:1トークの会話は、他に登録されている方には公開されないプライベート会話となっておりますので、ご安心下さい。

担当スタッフについて

料金について

メルマガ登録 サクッと読める展示情報やアート情報を不定期で配信中です。

-ページデザイン

Copyright© アートギャラリー絵の具箱 , 2020 AllRights Reserved.