荒らし対策

アーティストへの禁止事項【来場するお客様へお知らせ】

更新日:

展示するアーティストの方への禁止事項をする方が数名いらしたため、書かせていただきます。

manfredrichter / Pixabay

こういう行為は禁止です

  • アーティストへ物を勝手に貸していく行為
  • 本人の意向を無視した公募展などへの勧誘
  • 展示中にも関わらず、知り合いのアーティストを連れてきてその場で作品を広げて見せてくる行為
  • ギャラリーのオーナー、スタッフと親しいと偽って、話し始める行為

上記行為は当ギャラリーでは禁止です。

以下で事例を含めて詳しく説明していきます。

 

アーティストへ物を貸していく行為

「あなたはこういう作品を創っていくべきだ。」「こういう表現に変えた方がよい」「参考になるからこの作品集見ておいて。返却いつでも大丈夫だから。」と自身の住所を書いて押し付けていく行為は禁止です。

見つけ次第着払いで返送します。アーティストの方の負担となるため、お辞めください。

 

本人の意向を無視した公募展などへの勧誘

「あなたはこの公募展に出すべき。」「応募要項もらっておいたから渡しておくね。」「○○会の人に話通しておいたから。」と自身の住所を書いて渡していくのは禁止です。
また、責任のもてない紹介もいりません。

 

 

知り合いのアーティストを連れて来て作品を広げ出す

「今日、俺の知り合いの作家の子連れて来たんだ。ちょっと作品見てやってよ。」と展示中にも関わらず作品を広げ出す行為は禁止です。
作品を見て欲しいのなら、しっかりと事前にアポイントを取ってください。

 

ギャラリーのオーナー、スタッフと親しいと偽って話し出す

「俺(私)は、ここのギャラリーのオーナーとも親しいんだ。知り合いなんだよね。」「でね〜」と話しかける方がいるのですが、弊社の知り合いの方でそのような話しかけから始める人はおりません。これを言う人は、顔見知り程度です。
偽り話しから入り、相手の「無下にできない」という心理をつく行為は禁止です。

 

ほとんどの方はこういう行為はしないのですが、一部マナーのなっていない方がいるため注意喚起も含めて書かせていただきました。

展示場にしろ、劇場にしろ、ライブハウスにしろ、こういう操作的な人は必ず来ます。

  1. 口がうまい
  2. 押しが強い
  3. お世辞を言う
  4. 相手の話を聞かず、一方的にまくしたてる
  5. 同情心を示して、相手を油断させる
  6. 表情が豊かで、相手の気持ちを動かす
  7. 自分の弱点を誇張して、相手の同情心を誘う
  8. 失敗談をして、相手の優越感をそそる
  9. 第三者の悪口を言う

    自分の立場を常に相手より優位に持っていこうとする意図を持っています。
    言葉巧みに相手に取り入り、相手の弱点を握り自分の思い通りに相手を動かそうとします。

無意識的にやってしまっている人はご注意を。

繋がりのある展示場にも要注意人物として共有連絡します。

adsenseHP

adsenseHP

アートギャラリー絵の具箱とは

〜創ることは心を旅すること〜
大人になったあなたの表現する事への見果てぬ夢を 「アートギャラリー絵の具箱」で是非実現してください。
初めて展示をする方用に、絵の具箱では「展示サポートプラン」もあります。
備品についてはこちらのページをご覧ください。
申込書ダウンロード↓
アートギャラリー絵の具箱
所在地:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-24-6 吉祥寺グリーンハイツ205
HP:http://www.enogubako.in/
各種問い合わせ先
・mail : info@enogubako.in
・TEL: 0422-20-2602(電話のみ午前9時〜午後7時まで)
・FAX: 0422-26-7163
・Twitter @enogubakostore
・FBpage
・LINE@ https://line.me/ti/p/%40yab8198o
LINE@は、1:1トーク(友だち追加してくれた方と通常のLINEのように1:1でトークをすることができる機能)にも対応しております。(10時〜20時まで)
※1:1トークの会話は、他に登録されている方には公開されないプライベート会話となっておりますので、ご安心下さい。

担当スタッフについて

料金について

メルマガ登録 サクッと読める展示情報やアート情報を不定期で配信中です。

-荒らし対策

Copyright© アートギャラリー絵の具箱 , 2018 AllRights Reserved.