商品撮影

商品撮影についてその4

投稿日:

商品撮影に必要な道具

必要なもの

・デジカメ…出来れば一眼レフ

・レフ板(これは100均で揃えられる)

・撮影キットセット(予算があれば)
これは、ライト、撮影台、レフ板、などがセットになっている。
総額4~5万くらいが多い。

・撮影キット、撮影スタジオ(小物用)
4,000~10,000円前後

上記にはこのような事を書いていますが、全部が全部いるという訳ではありません。
工夫次第で、安い機材でも高級機材で撮った写真に見劣りしない写真も撮ることが可能です。

adsenseHP

adsenseHP

アートギャラリー絵の具箱とは

〜創ることは心を旅すること〜
大人になったあなたの表現する事への見果てぬ夢を 「アートギャラリー絵の具箱」で是非実現してください。
初めて展示をする方用に、絵の具箱では「展示サポートプラン」もあります。
備品についてはこちらのページをご覧ください。
■カード決済(Square)、分割支払い(paypalのみ)、PAYPAY決済に対応しています。
申込書ダウンロード↓
アートギャラリー絵の具箱
所在地:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-24-6 吉祥寺グリーンハイツ205
HP:http://www.enogubako.in/
各種問い合わせ先
・mail : info@enogubako.in
・TEL: 0422-20-2602(電話のみ午前9時〜午後7時まで)
・FAX: 0422-26-7163
・Twitter @enogubakostore
・FBpage
・LINE@ https://line.me/ti/p/%40yab8198o
LINE@は、1:1トーク(友だち追加してくれた方と通常のLINEのように1:1でトークをすることができる機能)にも対応しております。(10時〜20時まで)
※1:1トークの会話は、他に登録されている方には公開されないプライベート会話となっておりますので、ご安心下さい。

担当スタッフについて

料金について

メルマガ登録 サクッと読める展示情報やアート情報を不定期で配信中です。

-商品撮影

Copyright© アートギャラリー絵の具箱 , 2020 AllRights Reserved.