Design-news

吉祥寺美術館の原研哉展

投稿日:

吉祥寺美術館で開催中の『原研哉』展がexcite ismで特集されています。本というプロダクトを堪能する、原研哉展が吉祥寺で

ふらっと本屋に寄ったときに、装丁画のみ見て本を手にとってしまう時があります。

それは好きなイラストレータや、画家の作品が使われていたり、文字のデザインが気に入ったりいろいろですが、装丁画を見てジャケ買いというのが自分はたまにあります。

太宰治さんの『人間失格』を『DEATH NOTE』の作画の、小畑健氏が描いたら売り上げが増えた例もあります。

表紙を変え大ヒット!今なぜ人間失格なの? All about

1点1点じっくり見れる展示だと思います。
excite ismさんも最後の文で、「展覧会の帰りには久しぶりに書店に立寄りたくなるかもしれない。」と書いてありました。装丁の展示や、製本の展示、装丁デザイナーさんの講演会の後は無性に本屋に寄りたくなります。

 

最新記事情報はブログランキングへ

 

 

adsenseHP

adsenseHP

アートギャラリー絵の具箱とは

〜創ることは心を旅すること〜
大人になったあなたの表現する事への見果てぬ夢を 「アートギャラリー絵の具箱」で是非実現してください。
初めて展示をする方用に、絵の具箱では「展示サポートプラン」もあります。
備品についてはこちらのページをご覧ください。
■カード決済(Square)、分割支払い(paypalのみ)、PAYPAY決済に対応しています。
申込書ダウンロード↓
アートギャラリー絵の具箱
所在地:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-24-6 吉祥寺グリーンハイツ205
HP:http://www.enogubako.in/
各種問い合わせ先
・mail : info@enogubako.in
・TEL: 0422-20-2602(電話のみ午前9時〜午後7時まで)
・FAX: 0422-26-7163
・Twitter @enogubakostore
・FBpage
・LINE@ https://line.me/ti/p/%40yab8198o
LINE@は、1:1トーク(友だち追加してくれた方と通常のLINEのように1:1でトークをすることができる機能)にも対応しております。(10時〜20時まで)
※1:1トークの会話は、他に登録されている方には公開されないプライベート会話となっておりますので、ご安心下さい。

担当スタッフについて

料金について

メルマガ登録 サクッと読める展示情報やアート情報を不定期で配信中です。

-Design-news

Copyright© アートギャラリー絵の具箱 , 2020 AllRights Reserved.