日記

絵と創作額縁の二人展

投稿日:

アーティスト瓶史子さんとWAM FRAME INFINITYの展示をアートギャラリー絵の具箱で開催します。

 

展示詳細

絵と創作額縁の二人展

会期:2024年2月13日(火)~2月18日(日)
時間:11時〜18時(最終日17時まで)
場所:アートギャラリー絵の具箱(吉祥寺)

オンライン展示HP

瓶史子/Fumiko Binn

 略歴

湧き起こるビジョンを
様々な画材で描いています。

見えているのに掴めない。
視えてないのにそこにいる。
懐かしいのに想い出せない。

カラメルは私にとって
最も表現しやすい画材の一つです。
第10回日本童画大賞展では、
カラメルで描いた絵が審査員特別賞を頂きました。

I draw visions that spring up ,
using various materials.
especially caramel.

WAM FRAME INFINITY

・1981年桑沢デザイン研究所卒業
広告デザイン事務所勤務
・1998年より鎌倉美術修復工房にて、油彩画とテンペラ画を習う
・2008年よりアトリエ「ラピス」にてテンペラ画と額縁製作を学ぶ
・2014年 横浜山手111番館ギャラリーにて瓶史子さんとの初二人展
〈土と漆喰による額と彩画の二人展〉「土 × spirit 」
このときから額縁の受注製作始める
・2015年3月 月光荘グループ展にて二人展の作品展示
・2015年5月 山手ギャラリーグループ展にて漆喰額展示
・2015年12月 山手ギャラリーグループ展にて木製額展示
・2018年7月 月光荘にて初創作額縁個展「素材を遊ぶ」Part.1
・2020年2月 六本木ギャラリーカフェ「キャメリッシュ」にて創作額縁個展「素材を遊ぶ」Part.2
・2023年10月 ピカレスクギャラリー企画展でギャラリーからご紹介いただいたmarieさんとの初二人展「星が溶けてなくなる夜に」

adsenseHP

adsenseHP

アートギャラリー絵の具箱とは

〜創ることは心を旅すること〜
大人になったあなたの表現する事への見果てぬ夢を 「アートギャラリー絵の具箱」で是非実現してください。
初めて展示をする方用に、絵の具箱では「展示サポートプラン」もあります。
備品についてはこちらのページをご覧ください。
■カード決済(Square)、分割支払い(paypalのみ)、PAYPAY決済に対応しています。
申込書ダウンロード↓
申し込みはフォームからも受け付けております。 使用申込みフォーム
アートギャラリー絵の具箱
所在地:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-24-6 吉祥寺グリーンハイツ205
HP:http://www.enogubako.in/
各種問い合わせ先
・mail : info@enogubako.in
・TEL: 0422-20-2602(電話のみ午前9時〜午後7時まで)
・FAX: 0422-26-7163

・Zoomで打ち合わせ可能

・Twitter @enogubakostore

・instagram enogubakogallery
・FBpage
・公式LINE https://line.me/ti/p/%40yab8198o
公式LINEは、1:1トーク(友だち追加してくれた方と通常のLINEのように1:1でトークをすることができる機能)にも対応しております。(10時〜20時まで)
※1:1トークの会話は、他に登録されている方には公開されないプライベート会話となっておりますので、ご安心下さい。

担当スタッフについて

料金について

メルマガ登録 サクッと読める展示情報やアート情報を不定期で配信中です。

-日記

Copyright© アートギャラリー絵の具箱 , 2024 AllRights Reserved.